BLOG

​占星術、星読み、夢探索・夢解釈、ヘミシンク、恒星探索、猫、旅行、日々のことなどの雑記です。

たぶん、そんなにためにならない雑記です(・ω・)ノ

  • 飯田幸代

2019.12.11 2020年の時流を読む講座

更新日:2019年12月12日


昨日は埼玉県の税理士法人主催の

勉強会で、


『2020年の時流を読む』


というお話をさせていただきました。









1年の時流を作るのは木星。


公転周期が12年なので、

1つのサインを約1年かけて運行するからです。




木星の持つ衝動が、


木星が居る星座の性質に対して、


私たちの集合無意識に、

働きかける。


ということ。




木星は自分がいる星座の性質を拡大します。


木星が

その星座の性質を拡大させるということは、


人々が何に興味を持ち、

何を発展することを望み、

何を拡げたいと思っているか、


というのが分かるのですね。








ということは、それを知っておいたほうが

ビジネスにもプライベートにもいいと思いませんか?





2019年の木星は?

 




ちなみに、2019年は

木星は射手座にいました。


木星が射手座にいたということは、

世の中はこのような気分が高まっていたということになります。


・色んなことにチャレンジしたくなる、吸収したくなる

・興味、好奇心が旺盛になる

・海外に行く、行きたくなる。国際性。

・物質的な価値を越えたもの(哲学、精神世界、宗教など)への興味関心

・常識に捉われない。自由。

・スポーツなどの戦い(特にチーム戦で身体がぶつかったりするもの)




では実際に、2019年の世相はどうだったでしょう?


ラグビーW杯

視聴率は最高41.6%。

その盛り上がりは日本のベスト8進出を後押ししました。

まさしくチーム同士でもみ合ってぶつかり合うものです。


人々はそういうものに無意識に高揚感、興奮を覚える年だったから、

あそこまで盛り上がったんですよね。



映画『ボヘミアン・ラプソディ』のヒット

射手座が蠍座から射手座に移った時に公開された映画です。


40年も前のロックバンドを扱った伝記映画が奇跡の興収130億円。

クイーンを知らない若者までが熱狂し、音楽CDも163万枚売れました。

常識に捉われない自分たちのスタイルを追求していった話ですよね。


まさに精神性の開放を追求した苦悩を、クイーンを知らない若者もそのエッセンスに熱狂したのでした。



ウーバーイーツの参入、拡大

宅配システムを持たない飲食店の料理を宅配してくれるサービスです。

公園でもどこにでも届けてくれるスタイルは、今までの常識を破ります。

そして、どこでも出前を食べられるという自由を満喫できる、

というのが利用者の心を満足させたのでした。






いま、木星は山羊座に入りました

 



木星は、

2019年12月3日(水)に

山羊座へ移動しました。


2020年12月19日まで山羊座を運行します。



つまり、今から1年は、

木星は山羊座らしいことを拡大・発展させようとします。

そして山羊座らしいことに人々の関心が

無意識に向くということになります。



ということは、

私たちはこの山羊座が表す象意を行動すれば、

その部分が拡大・発展するということになります。



そして、

人々がどう動くかを知って上手に活用すれば、

ビジネスにも有利になりますよね!






山羊座が表すもの

 



では、その山羊座が表すものとは何でしょうか。


山羊座は社会の、現実世界の頂点を表します。


象意の原型は『結晶化』。



それを意訳していけば、

こんなものが出てくる感じでしょうか。


結晶化

安定

枠組み、土台

ルール

誠実

積極的

現実性

現実化

仕事、地位、肩書、お金

社会的責任

歴史、文化、伝統

土地



なんだか重厚で重い感じ、真面目な感じがするね(*‘∀‘)


人々は無意識に

こういうものに価値を感じるようになります。





2020年、山羊座木星が社会に与える影響は?


 



その山羊座らしいことが

2020年の世相として

表れてきますよ。


例えば、


・オリンピックを頂点とするインフラの整備

・保守的な価値観や権威への回帰

・伝統的なものへの意識、見直されるような出来事

・アースカラー、トラッドなテイスト



オリンピックに向けて

我々はいま物質的にインフラや都市を整備していますね。


↑それって、

まさしく山羊座的な象徴だなあと感心しちゃう~~。

物質的なものの結晶化。

システムや、これからの時代の土台にもなるものの構築。




そして

オリンピックが終われば

途端に物質的結晶化はおしまい。



そこからは

木星が水瓶座へ移動していく影響が

少しずつ現れ、


まさしく水瓶座の表す

物質界からのはみ出し、脱却、非物質



そんなものに

木星が拡大・発展を促していく流れになります。





私たちが2020年に取り組むこと

 



そんなわけで、私たちが

2020年に取り組むと良いことは!



仕事でもプライベートでもそうですが、


・土台や枠作り(マニュアル、ルール作り)

 仕事でも家庭でも、後回しにしているものありませんか?

・誠実さ、社会的責任を売りにする

 メルマガやブログ、ちらしなど、集客の時には山羊座感を全面に出しましょう。

 そのほうがクライアントの心に響きます。

 間違っても煽るようなコピーは書いちゃダメですよ(*‘∀‘)

・安定させたいものがあれば積極的に動く。

 仕事でも人間関係でも、プライベートでも。

 山羊座は積極的に動くことによってその力を発揮するので、自分から積極的にね。


 結婚したい、家庭を作りたい(*‘∀‘)

 そんな人は・・・。

 そうです。

 今すぐ行動に移しましょう♡

 山羊座木星が援護してくれまっする♡


・伝統を取り入れる、触れる

 クライアントの心に触れるための工夫にもなるし、

 プライベートでも取り入れて みると良さを理解できたりします。

・昨年やり散らかしたものを現実化するための動き

 昨年、射手座の時流に乗っていた人は、実はこれはとても大切です。

 昨年、射手座の上を目指す精神で様々なものを追った中で、

 これというものは現実化させていきましょう。




射手座の木星の昨年は、

今までの枠から飛び出し、

高みを目指していく時でした。



みんな、

これまでの自分の枠を飛び出すことはできた?

精神の自由、心の自由を求めた?

少しでも感じられた?



それが、山羊座の木星時代を迎える鍵になるんです。


それが、山羊座木星時代の恩恵を受けられる

基礎・土台になるんです。



なぜなら、

山羊座の象意は『結晶化』。



射手座木星で高みを目指してあちこち手を出したものを、

結晶化させるんですよね、木星は。



こんなこと意識できてたら。

知らなかったら、もったいなーーい!





最後に

 



このように天体の運行は、

知らないうちに私たちの意識に作用して、

世の中の動きを作り出しています。



占星術は、人がより自分を自分として生きるための叡智です。

そこに真理があるから連綿と受け継がれてきました。


それを活用するかしないか。



活用しなくてもいいけど、

活用したほうがきっと豊かで、

面白い人生になるんだろうなと、

私は思うのです。





そして


主催の税理士の先生から、

なんと来月の講座の打診もいただき、

来月も講座をすることになりましたヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

嬉しいな~









閲覧数:37回0件のコメント