ボックスクローズアップ

​タットワカード製作中

Tattva Cards

​お楽しみに!

全タットワjpg.png

~2022年3月頃発売予定~​
​価格:7千円前後?

タットワカードは、2022年3月には発売できるように頑張っております(´∀`*)

​(↑いつものびのびになっていてすみません!)

そしてサイトから購入できるようにしたいと。​応援してくださいませ♡

_DSC0824 - 小 (4).JPG
 

​私がタットワカードを作る理由

夢舎に入る

 

2019年3月、私は松村潔先生主宰の研究会『夢研究講座』(通称:夢舎)に入ることができました。松村先生のことを知ったのはその前年。松村先生のぶっ飛んだ本を読んであまりにワクワクしてしまい、どうしてもその精神世界を深く知りたくなってしまったのです。

知ったばかりということはつまり、私は知識があまりにも無い状態で、豊富な知識の諸先輩方と先生のやり取りを、茫然としながら追っていたことを覚えています。

 夢舎は約半年間、みっちりと濃い時間でした。週一回の講義。先生が毎日アップする動画。そしてその動画から毎日宿題が出る。そして夢舎メンバーの毎日のつぶやきや質問に、先生は必ずほぼ全て答えてくれるという素晴らしい研究会でした。

 私は右も左も分からないまま参加したので、質問内容はピントがズレていたりレベルの低いところからでしたが、それでも知識を得るということはこの上ない喜びでした。用語や定義、交わされる言葉すらちんぷんかんぷんで、泣きながら右往左往しつつも、かけがえのない友人たちを得たのもこの夢舎でした。

タットワの重要性に気付く​

怒涛だった夢舎が終わって、その頃ちょうど発売された『夢探索~夢から力を引き出す本~』を読んだ時のこと。

すると、夢舎でやってきたタットワについて、あらためてその重要さに気付いたのです。分からないなりにも、このタットワをやり込むことで、この世界を作る5元素についてエーテル的、アストラル的に理解し、ひいてはチャクラやカバラの生命の樹、スーフィーのエニアグラム、神話原型、タロットに書かれている宇宙の経典なども理解ができるようになるのかもしれない。夢の解釈ももっとできるようになるかもしれない。そういう思いで、もう一度タットワをしっかりとやり込もうと思ったのです。

 夜ベッドに入り、タットワ(図形)を頭の中で思い描くもけっこう難しかったりもする。図形がすぐ崩れたり。なので、手元でタットワを簡単に確認できたら楽だな~と思い、もしかして誰かが販売してるんじゃないか!と思って探したのです。すると、ありました。めちゃ嬉しい( ゚Д゚)!買う!

 

夢探索 夢から力を引き出す本(松村潔著).jpg

夢探索~夢から力を引き出す本~
2019年8月24日発行 説話社

松村潔著

​ニッチ過ぎる商品

しかし、なんと売り切れていて次回の入荷は未定のまま。お問合せを送っても返事は来ず。やはりニッチすぎる商品なのか。そのことを夢舎の仲間に話すと「私それ持ってるよ~!」との方が!さすがー!

見せてもらいながら、実際に使っているその方の話や、そのカードを一緒に手に取った仲間の言葉から、様々な「~~だったらもっと最高だね(*‘∀‘)』という発見がたくさんあったのです。

それなら、作ったら良いのではないかしら。タットワの夢見が毎日気楽にできたら、私は嬉しい(笑)

仲間も、もし作るなら欲しい!と言ってくれたのです。

そんな思いでこのカードは誕生しました。

これを読んでる皆さんへ

このカードは、私自身がただ単に楽しむために作ったカードです。この世界を構築する4元素に馴染み、その奥にある第五元素の世界、四次元空間に突入たいのです。そしてエーテル体を拡大するために有効な、私が手元で眺めたいなあと思う図を集めました。そして研究会の仲間内でも楽しめるだろうと作ったカードです。

タットワ以外の変なカードも入っていますが、もしもタットワの技法に興味を持つ方がいたら、良ければこのカードを使ってください。タットワの技法は昔から存在している普遍的なものです。誰でも、みんなで気軽に楽しめたらいいなぁと思っています。

肉体という物質から出た広い世界を楽しんでみませんか。できるなら、その物質世界と異なる反転世界の間に中間接点を創り出し、そのステーションを介して異次元と自由に行き来する。そんなことを楽しむために、ぜひこのカードをご利用ください。

そして逆に、こんな使い方ができるよ!というのを教えてもらえたら、私はとても嬉しいです(*‘∀‘)

精神世界を楽しく渡り歩く、ニッチで変態なあなたが、このカードを発見しますように。

​目的は?

植物の壁掛け

​異次元への渡りをつける、道を作るためのツールのひとつだと思ってくださいませ。

​(異次元=エーテル界、霊界、四次元空間、素粒子空間、意識空間、虚軸空間、奥行きの空間、反転空間などと同義語)

1)エーテル体を目覚めさせる、エーテル知覚を発達させるために

 

タットワのような単純な図形を見たり思い浮かべると、トランス(変性意識)に入りやすく、またエーテル体を刺激します。

例えば単純な図形であるタットワに意識を集中させそこから逸らさないでいると夢を見ている状態と同じ脳波(シータ波)になることが分かっています。できる限りタットワに集中し、考え事をできるだけしない。30分頑張ろう。これを繰り返していると、松村先生曰く条件反射のように精神状態が同じレベルに到達することが多いとのこと。つまり、タットワなどの図形は、ひとつの世界を開くための鍵になっていくことを想定しよう。何度も繰り返していくと理想的にエーテル体が働くようになります。

​(参考文献 『エーテル体に目覚める本』松村潔著)

2)この世界を構成する4元素との関係を良くするために

 

この物質世界は4つの元素(土水火風)でできています。この4つへのなじみかたは人によってさまざまで、土にばかり馴染んでいるなどの偏りがあるのですが、全ての元素に均等に馴染むことによって、第5点目の元素「空」の世界の入り口に立てるようになります。偏りがある状態だと、この「空」は虚として存在し、認識することができません。偏りが無くなり均等になることで次のフェーズが現れるのですね。自分がどの元素に偏りを持っているのかは占星術などでも分かりますし、私は占星家でもあるので、その人の日々の生活を見ていればだいたいその人がどんな偏りを持っているのかも分かります。

物質界から抜け出て4次元空間を垣間みることを夢見てる変態の皆さんは、一番初めにすると良いことは、その偏りを整えることです♡

それぞれのタットワに馴染むことで可能になるなので、タットワの技法に取り組むことで、この物質界の生活が整ってくる、生きやすくなる、望んだことが現象化する、運が良くなるなどという事象が成果として現れてきます。自分の振動密度が変わるということですね。さいこーー!(*´ω`*)

 

また別の視点から言及すると、タットワに馴染み4元素を均等に自分の中で持つことになると、日々自分の周りに起こる事象がどんな意味を持っているのかが分かってくるようになります。

意識を起こすことにより、隠れている元素が浮き彫りに分かるようになり、この世界や自分を取り巻く意味や動きや流れが分かるようになります。

第5点目の元素(空)は、物質世界を上から俯瞰する視点ですね。

3)夢見で必要な情報を手に入れる手段として

 

夢の体験は肉体が仮死状態になったあとに体験するもので、肉体という物質性から解き放たれて、霊魂魄の体験となります。それは肉体とは違った振動密度の身体(意識体)の体験です。夢の体験は、宇宙の究極の領域から物質的領域に至るまでの複数の層を渡り歩くので、必要な情報が夢の中で手に入らないということはまずありません。目的をはっきりさせると、夢はまず確実にそれに答えるのだとのこと。

​この世界を構成する5つの元素(タットワ)をひとつずつ体験することによって、今知りたいこと、必要なことの情報を手に入れることができます。

​(参考文献『夢を使って宇宙に飛び出そう』松村潔著)

※松村先生は「夢舎メンバーは何でも使って勝手にやってくれ。むしろ恒星になれ」と言葉をくださったので、このページでも先生の文献等を豊富に引用させていただいております

なんでエーテル体を鍛えるの?

抽象水

人間は自分より上位の存在や空間のことは認知できない

このページをわくわくしながら読んでいる変態なあなたはきっと、人間は三分節からできているとか、この世界は階層宇宙になっているとか、高次宇宙があるのだとか、3次元と4次元を探求していたりだとか、見えない世界はこの3次元世界では折りたたまれて存在しているとか考えていて、そしてその世界を理解したいし、体感したいし、なんなら自由に出入りしたいと考えておられることでしょう。

そう、その通りです。

しかし、私たちの意識では、その物質性の裏に畳み込まれてしまっている「時間と場所」のない空間のことをまずは認識できないし、理解することも見ることも体験することもできません。それはちょうど、私たちの内臓が「自分は●●という人間の中に入っていて、その身体の中で生かされている」ということに気づけないのと同じです。内臓は自分が主人で自分が立派に生きていると思っていますが、その上位にある次元のことは見えないし認識できないのですね。

人間も同じなので、ヒトは一般的に見えないものを信じたり感じたりすることができません。

しかし、実は自分が存在するフェーズを押し上げることができるのです。

より上位の世界に入るためには

そのためには、その階層宇宙のことを体系立てて学び、知ること。これを「知識」とします。

そしてもうひとつ大事なのは「知覚」を育てること。知覚を育てるというのはエーテル体を活性化させることです。

エーテル体は誰にでもあるもので、人によってその活性度は異なります。活性度が高い人ほど、この物質世界ではない時間と場所のに限定されてしまった小さな箱の外を感知したり交流することができます。

​でもなぜ「知識と知覚」の両方が必要なのでしょうか?

なぜなら!両方揃うと!なんと! 点が面になるからです!すごーーーー!( ゚Д゚)

点が面になることで、理解できるものや見えるものが大きく変わる

 

​どういうことかというと…

 

知覚と知識の両輪.png

ヌーソロジーではおなじみの図です。私の解釈もプラスしてあります

 

①知覚と知識がどちらかだけだと、点として存在しています
 
②でも、知覚と知識の両輪が良いバランスで揃うと、それがぐるっと回る力が生じて、面になります。陰陽図のような感じです。
 
③できた面はさらに等化と中和をしようとするので、それは立体になります。

点だけで存在するのと、面として存在するのとではおそらく、見えている世界、理解できる世界、現象化させている世界が全く違うでしょう。さらに言えば、点として存在するのと、面として存在するのと、立体として存在するのとでは、その見えている世界は全く違うものになります。いやーん!!わくわくしますね!
私はこれはヌーソロジーという新しいイデア論というか、精神と物質を構造体形として解明していく思考体形を学ぶことで理解が進みました。

私はね、これまではこの『知覚と知識問題』を自転車の車輪として考えていたのです。
 

知覚と知識の両方が揃うと初めて推進する力が生まれるよ、と。どちらかだけでは進めないよと。

 

確かにそうなんだけど、『点が面になって、面は立体になる』と考えると、なんだかすごい立体的に理解が広がって興奮しました。

 

そんなわけでね、知覚と知識、右脳と左脳、顕在意識と変性意識。なんでもそうだけど、分かれているものは全部両方ちゃんと揃えると立体として進化していくので楽しいYO~~(∩´∀`)∩

知識と知覚の車輪.png
 

​使い方は?

多肉植物

使い方に決まりはまったくありませんが、まずはこんな感じでお使いいただけます

●タットワのカードを手に持って(笑)、変性意識に入り、そしてタットワをじっと見る、もしくは頭の中で思い描く。

変性意識状態でこのタットワを意識の中に入れましょう。変性意識状態であることが重要です。なぜなら肉体由来の思考スピードの遅い自我(振動密度の重い状態)では、図形の持つロゴスの高い振動密度と共鳴できないからです。

そうすると、そのタットワに符号する情報がやってきます。寝る前にやると、そのタットワに符号する夢を見ることに。

タットワはロゴスに忠実で、かつ適度にアストラル界にも接触している優れものです(色が入ってるからね)。このロゴスに関連付けられたタットワはさまざまな世界に入るための扉として利用できます。

 

例えば、眠る時に皆さん夢を見ますが、眠ると知覚意識が肉体から離れて、物質界でないところと繋がってゆきます。そこで得ている情報を夢として持ち帰っているのが我々です。だがしかし。どんな情報(夢)をターゲットにするかは、物質(肉体)由来の意識では選べません(ふだん何も考えないで眠り見てる夢は物質(肉体)で意識した内容の情報ではなく、その人の深層や感心のあるテーマです)。

 

そこで物質由来の重たいものをそぎ落とした、ロゴスでできているタットワを使うのです。タットワは意識の基礎を考えるのに向いていて、この世界を構築しているものをひとつずつきちんと体感して肚に落とすのにも便利。火地風水を理解したらその上に第5点目の空がある。

そしてそれぞれの図形は複合にもなり複合された意識をも理解できる​。

チャクラ、タロット、西洋・東洋の神話、世界や日本の神様、カバラの生命の木、占星術、恒星、宇宙の原理、スーフィーのエニアグラム、グルジェフの水素論、シュタイナーetc.

そんなことを理解するにはこの5元素を理解する事が手っ取り早いと思います。タットワを使うと体感できちゃうのがまたいいんだよなあ。

●エーテル体を鍛えるために

 

​エーテル体を拡大するための技法として、昔からある技法もカードにしてあります。チャクラを回転させる補助となるカード、呼吸法、小周天などが入っていますので、やってみることをお勧めします。できれば自分にとって取り組みやすいものを毎日の習慣にするのが良いです!

​私はチャクラのカードと小周天がお気に入りです。だってすごい効果が分かりやすく出るから。物質化現象が起こりやすくなります。つまり運がものすごく良くなる。

 

タットワって?

この世界を構築する基本的な5つの元素のこと

 

タットワというのは5つのエレメントを示すもので、世界を構築する基本的な元素です。そのエレメントを表す図形をタットワといいます。

黄色の四角 …土

赤色の三角 …火

銀色の三日月…水

水色の丸  …風

紺色の楕円 …空

●世界のそこかしこにあるよ

21世界とタットワ.png

タロット 21世界

タットワ五輪塔卒塔婆.png

​五輪塔

卒塔婆

複合タットワ

イギリスの魔術結社ゴールデン・ドーンはこのタットワを採用して5つの図形の瞑想をしていました。しかもタットワを掛け合わせたりもしていたそうです。

掛け合わせると図のように5×5で25のパターンが生まれますね。

ヘブライ語は22文字程度、エノク語は19文字、ルーン文字だと最も少ないもので16文字程度ですが、25はこれらよりも数が多くなります。つまり複合タットワは、細かいところまで表現できるエネルギーの種類表記となるのです。

​タットワは図形の意味と、元素の性質の結びつきが深いので、タットワを見ているとトランス状態になり、そこに引き込まれやすいという特徴を持っていると聞きます。これは集合無意識で持っている型とも言えるようです。この図形のそれぞれのロゴスを理解すると、世界のそこかしこにある図形や柄、建造物の持つ意味やエネルギーが分かるようになるのではないでしょうか。わくわく~。

全タットワ
 
09Leonardo_da_Vinci_9-1024x592.jpg

​このタットワカードセットの特徴

 

① カードは大きめです

カードサイズボールペン比jpg.png

眠る前のベッドに入った時でも持ちやすく、図形も見やすくするために一般的なカードよりも大きめサイズにしました。

 

② 黄金比で作られています

golden-ratio002.jpg
zolotoe-sechenie3.jpg

カードの縦横の比率は、我々人間が無意識に美しいと感じる黄金比(1:1618)です。

黄金比の長方形の中に、最大の正方形を除くと、残った長方形がまた黄金長方形の比率になり、そこからまた最大の正方形を除くと永遠に相似な図形ができていくのですが、その最大正方形たちの角の点を繋いでいくと黄金螺旋になります。

 

貝殻、タコの脚先のくるくる、植物のつる、台風の渦、銀河の渦といった自然界の様々なところに存在しています。

そんなわけで造形からも、無意識の宇宙の原理原則や螺旋円環の意識を取り込めたら、アストラル体はもっと発達するのではないか(笑)

印刷時の面付でコストがかかることも無視しして黄金比でまいります。

 

③ カード裏面は意味のない模様デザインで!

裏面デザイン案.png

既存のタットワカードね、とっても素晴らしかったのですが、裏面デザインはすべてのタットワが集合した絵が印刷されているのです。

そのためカードの裏面に描かれている他のタットワたちが、意識ににじみ出てきてしまう、という悩みがありました。

​なのでそれを改善すべく、このタットワカードの裏面は意味のない模様を裏面デザインにします。

案。まだデザインは決まっていません。

 

④ 水のタットワは銀色で印刷します

水.png

水のタットワは本来は銀色の三日月。グレーでの印刷にせず銀色の印刷をします。キラキラする箔押しではなく、特色インクの銀色を使いたいなと考え中。​そのほうがしっとりしぶくて素敵じゃないだろうか。特色はコストがかかりますが、最高のものを目指します。

 

⑤ 金の土のタットワ入れちゃう!

とても要望の多かった金のタットワ。土のタットワは黄色の四角で物質を表しますが、それを金色にします。

金は物質界とひとつ上のフェーズとの境目の色。地上物質界の最上階を表すし、地上物質界と天界を繋ぐものでもある。だから金色の四角をタットワにして意識に打ち込むと・・・この物質界での豊かさに渡りを付つけることになります。(って松村先生が夢舎でさらりとおっしゃり、我々は盛り上がりましたw 当時、実際に金のタットワをやった方は、その方が展開している高額セミナーが数件決まり、かなりの額の売り上げUPをしていました)

だから金色のタットワ入れちゃう!​ みんなー! Let's金のタットワ!(ノ´∀`*)

​これも箔押しではなく、上品に特色インクの渋め金色を使いたいと思っています。

<追記>2020.01.17

この金のタットワを私の友人に伝えたところ、彼女はさっそく自分で金色の絵具で四角(のアート)を書いて、それを手元で眺めたり寝室の壁にかけておいたら、「なんと!臨時収入がありました~」とさっきご報告をくれました。

しかもお札に帯がついている単位の臨時収入だそうです( ゚Д゚)

私がびっくり。というか、今すぐやる!やるっきゃない!と興奮しましたw

​興奮している皆さんにコツをお伝えします!コツは「期待を手放す」ことです!

​あ、それは私かw

金のタットワimg
 
クッキーボックス

​カードセットに入るもの

 

​1.タットワカード25枚

​土のタットワ(黄色の四角) 5枚

火のタットワ(赤の三角) 5枚

水のタットワ(銀色の月) 5枚

風のタットワ(水色の丸) 5枚

空のタットワ(紺色の楕円) 5枚

※水のタットワはグレーでなく銀色で印刷

全タットワjpg.png

 

​2.金の土のタットワ1枚

とても要望の多かった金のタットワ。​これを入れられるなんて嬉しい!

金のタットワimg

 

​3.チャクラのカード

せっかくなので、チャクラのカードも入れます。

皆さんのチャクラが振動するようなデザインになっています(*´з`)

チャクラはサンスクリット語で「輪」を意味する言葉で、人体にあるエネルギーセンターのことです。このチャクラは中でも身体の中心軸に沿って存在する7つのチャクラが主要とされています。

身宇宙法則は7つの単位で働くといわれていますので、チャクラは人体の中にあるその法則のコピーです。

チャクラは下から積み上げられる5つのタットワと、残りの松果線と脳下垂体を加えた7つで考えると良いとのこと(松村潔先生より)。

松果線と脳下垂体は5つの元素をコントロールする器官としてみなします。

このカードを使って(別に使わなくてもいいのですが)、5つのタットワと自分のチャクラは連動していることを理解してみましょう。

チャクラを意識したりバランスを整えることの補助にも使ってね。

​ご自身の声を使って振動させられるように、マントラも入れておきました。

1.jpg
Manipura-3 (1).jpg
Sahasrara-7.jpg
第6チャクラjpg.png
第5チャクラjpg.png
Svadhisthana-2.jpg
Anahata-4.jpg

 

​4.プラトン立体5枚

絶対入れたかったプラトン立体。

​図形は意識の法則とみなされていて、結晶のような構造として特定の意識構造を刺激します。つまり、眺めているだけでたぶん色々育成される。

正四面体/立方体/正八面体/正十二面体/正二十面体

プラトン立体というのはすべての面が同じ正多角形で構成され、すべての頂点と面の数が等しい多面体のこと。プラトンは、地球は複数の点を持つ立体の幾何図形だと考えました。

線と面は、点と点をつなぐことで作られており、こう考えた時に地球の線のネットワークは目覚めという点と、眠りの線または面によって構成されていると考えて良いのでは。

またケプラーは、惑星と惑星の間には立体幾何図形の作用が働いていると考えています。

私達は図形に関して集団無意識的な知恵を持っていて、図形に対して私達の無意識は反応するんですよ実は。

●地上の重みをつけないために脱色しました(モノクロ!)

●内接球と外接球も描かれています!

●線と線を結ぶ点は描かれていません!

​これを手元でいつも見ることができたら楽しいですね!サイコー!

正四面体jpg.png
立方体jpg.png
正20面体jpg.png
正12面体jpg.png
正八面体jpg.png

Design by 半隠居氏

 

​5.エーテル体を拡大させるカード4枚

​​変性意識に入るための補助になる呼吸法2枚、エーテル体を活性化させるための呼吸を1枚、気(エーテル体)を練って大きくするための功法1枚を入れます。手元で確認できたら便利だもん。

●エーテル体の呼吸

●片鼻呼吸(ナディ・ショーダナ)

​●スクライイング(水晶視)の時の呼吸

​●小周天

 

エーテル体の呼吸
片鼻呼吸
水晶視の呼吸

 

​6.生命の木のカード7枚

生命の木とは、10のセフィロト(セフィラ)、それを結ぶ22本の通路(パス)で構成された​​ものです。宇宙や人の構図を図示した簡略型の図形であり、昔から多くの人に使われてきました。

振動密度の高いものから流出したエネルギーがこれらを通り地上へと下りてくると同時に、地上の人間が宇宙へ帰るための道筋を示していると言われています。

​創造の下降線と進化の上昇線がよく分かる図。

●ノーマルの生命の木

●惑星対応

●恒星&タロットパス対応

●ヘブライ語(カタカナ版)対応

●ヘブライ文字対応

●何も記載していない空の生命の木

 

ここのもう1枚ね、ヌーソロジーでいう次元観察子の対応の生命の木が入ることになりました!

半田広宣さんがタットワカードセットに入れてもいいよって許可をくださったのです(*^^*)

●次元観察子対応

1603230.jpg

 

​7.エニアグラムのカード2枚

​エニアグラムはスーフィたちが活用していた宇宙法則と言われています。円周を九等分して作図される図形で、グルジエフは「三の法則」(能動・受動・和解の原理)と「七の法則」(オクターブの法則)との結び付きをもって成就される永久運動、あるいは時間そのものに由来する下向きの力に逆らって源泉への回帰を求める精神の運動をあらわすものと見ました。

 

グルジェフは『この幾何学的象徴を理解しその使い方を知った人は、莫大な力を得る。これは永久運動をあらわすとともに、錬金術で言うところの「賢者の石」でもある』と言っています。

うーん、つまり、なんでも使えるすごいやつ!

●ノーマルのエニアグラム

​​●オクターブ対応​

 

エニアグラム.png

 

​8.グルジエフの水素番号表1枚

宇宙は絶対の無から分割されて様々な次元を作り出し、高い次元のものは振動密度が高く、また低い次元のものは振動密度が低くその分物質密度が濃くなるという古来からの考えのもと、ロシアの神秘思想家のゲオルギイ・グルジエフは、その振動密度の高いものから低いものまで、それぞれに法則番号をつけました。

宇宙の始まりの段階のものを1とみなした時に、そこから分割が始まり、この分割数が増えることを数字が増加することで表しています。

というか、これは量子論そのものだと思います。精神世界、人智学、神智学、形而上学などはすべて量子力学で説明ができるようになってきました。昔の人ってすごい!

このグルジェフの水素番号に馴染むと、精神や感情、高次のものなど様々なことについて理解することの土台となり、とても便利なのでぜひ皆さん、覚えよう!使おう!

 

これ手元にあると絶対便利。

​トイレに貼っておこうっと。

グルジェフ水素番号表英語日本語jpg.png

 

​9.意識の変換装置のカード3枚

3次元空間しか認識できない意識次元から抜け出し、エーテル空間(4次元空間)を有機的に認識できる知性に変換する手助けとなるカードがこちら。いわば我々の意識と思考を上の次元へと変換させる装置です。

ヌーソロジーではこれを『次元観察子を説明するための3つの思考装置』と呼び、提唱しているものです。

●ケイブコンパス

​これは入れるかどうが今考え中!

●ヌースコンストラクション

人間の空間認識の在り方と素粒子の構造を対応させて見るのにとても優れたモデルなのですって。

つまり、普通の人間が意識の変換を空間知覚の中に置き換えていくのに有効な図形です。だから毎日眺めよう(笑)
複素2次元空間における回転群SU(2)の二重構造として表されています。

 

●ヘキサチューブル

4次元から見た3次元空間のことを表現したもの。

意識の変換が身についてくると、空間が4次元(正確には複素2次元の空間)の多重構造になっているように見えてきます。そして、この構造を4次元方向から見るとヘキサグラム(六茫星)のフラクタル構造のように見えてくるらしい。六茫星の枠で作られた廊下のような通路に見えてくるそうで、そんなの楽しみすぎる!

 

ヌースコンストラクション.jpg
ヘキサチューブル.png
​ヌーソロジーで使われている概念図や意匠の使用はヌースアカデメイアから全て許可を得ております。© noos-academeia. Noosology


 

COMENTS

リリースを待ってくださっている方たちのコメントです

profile_icon.png

ワクワク!
いつでも大丈夫、楽しみに待っています。

​Y.H

profile_icon.png

幸代さんの勇気素晴らしぃ〜。今度会ったらお尻ぺんぺん(リリースの催促)しちゃうぞっ

​R.S

profile_icon.png

まだまだ全然分からないことばかりですが、とにかく楽しみにしてます

​K.I

profile_icon.png

わーい!楽しみーにしてまーす!

​S.M

profile_icon.png

(催促の)お尻ぺんぺん!するっ
あんど、応援しとる!

​K.H

profile_icon.png

楽しみにしていますーわくわくしますね!

​T.S

profile_icon.png

発売とても楽しみです。
公開を控えているので、この時期何かと大変かもしれませんが、大丈夫、きっと上手くいきます。
発売後も「タットワカードパワーアップセット」とかで新しい概念やカード、使い方が順次追加されてくと、ずっ〜と楽しめていいなぁと思いました。

​H.O

profile_icon.png

これは楽しみ~
カード予約お願いしま~す!!…ってフライングかっ。保存用と普段使い用の2セットおねがいします

​T.Y

profile_icon.png

なんだかどんどんパワーアップしていて、楽しみです♪

​H.H

profile_icon.png

すごーい♡

図が訳がわからな過ぎて、面白いです

​M.K

profile_icon.png

凄いですね!
難しそうだけど、面白そうです

​M.K

profile_icon.png

すごいね!
ますます、解説が必要だ〜

​Y.K

profile_icon.png

すごーく楽しみにしております!なーぜかドキドキしてます♪

​S.K

profile_icon.png

すんごく楽しみです。でも解説書がないとチンプンカンプンだと思う...!

​K.S

profile_icon.png

いつまでもいつまでも、お待ちしてます♪

​N.M

profile_icon.png

よく理解できていなくても、すごいカードができるということはわかるっ!
完成、楽しみにしてます

​H.O

profile_icon.png

興味あるなー
早く商品化してくださーい

​E.M

_DSC0824 - 小 (4).JPG

世の中にこんなにたくさんの変態さんたちがいるな​んて…!嬉しい!ありがとうございます、早いとこリリースできるよう自分でもお尻たたきますね!

Reading a Book

​タットワを使う時に参考になる文献

エーテル体に目覚める本(松村潔著).jpg

『エーテル体に目覚める本』

 アールズ出版​ 松村潔著

エーテル体を鍛える、目覚めさせたり強化させるための理論と具体的な方法を記述してある本です。

タットワを活用してエーテル体の活動を促す方法、仕組みが書かれている段落があります(P91)

​「そもそもエーテル体ってなに?」と思っているお方や、スピリチュアルな力が欲しいと思っているお方は必読!

エーテル体とは何か、エーテル体に目覚めるとどうなるのか、目覚めさせる方法の具体的な方法を知ることができます。

​地球のエーテル体である惑星グリッドの支線上にあるのがパワースポットだよ、パワースポットに行こう、という段落もあるので、パワースポット好きの方もぜひ!(笑)

夢を使って宇宙に飛び出そう(松村潔著).jpg

『夢を使って宇宙に飛び出そう』

 ナチュラルスピリット 松村潔著

スターピープル回帰つまり地球人の物質的肉体とは違う振動密度の肉体を手に入れることを、理論から方法まであらゆる角度から追求している本です。タットワのことは前書きの部分に記述あり。眠る前に問いかけの記号を打ちこむ研究をしていると書かれている。またP76にアカーシャ(空)のタットワについての記述がほんの少しだけ入っています。

夢を使うこと、夢をシステム化して夢を見ることを通じて進化することをひとつの「道」にしよう、という提案の本であり、『夢探索~夢から力を引き出す本~』を読む前に読んでおいたほうが断然良いです。

夢探索 夢から力を引き出す本(松村潔著).jpg

この本は、夢を使って、夢を分析して、必要な情報は夢から手に入れよう、ということを趣旨とした本です。手法は様々なものを提案してくれていてさらに具体的な記述があります。その中のひとつにタットワを使う手法の章があり、かなり詳しく説明がされています。タットワカードを使う時の教科書といっても良いでしょう。ぜひお手元に準備しておくことをお勧めします。

51EamSZAK3L._SX339_BO1,204,203,200_.jpg

『人間は宇宙船だ~次元を越えて隣の地球へ~』
 ナチュラルスピリット 松村潔著

タットワについてはP172に記載。オクターヴの章で、チャクラを音階に当てはめて説明するのににタットワを用いて説明しています。松村先生がタットワの夢見を研究されていた際、下降オクターブと上昇オクターヴでは風と火の順番が異なるとのことで、これについては「もっと原因を探ってみたほうが面白い」と言及されています。

また、P184、P301 では地球を取り巻く図形としてプラトン立体について書かれています。プラトン立体だけでなく三角形や四角形などの平面図形についても書かれており、図形と物質がどのように繋がっているのかが分かります。

​P295からの章『四元素の三角形』では、土水火風の4元素について詳しく書かれていますのでこれも必読です♡

41S8t1VkEoL._SX351_BO1,204,203,200_.jpg

『精神世界の教科書』
 アールズ出版 松村潔著

精神世界に足を踏み入れるときに一番初めに必ず読んでほしい本。私はこの本のタイトルに惹かれず、ずっと読まないままだったのですが、友人との会話の中でちらりと出てきたので買ってみたら…!なんでもっと早くに読まなかったのか!くうぅ~!となりました。なぜなら、精神世界を360度の球体で理解していくためのあらゆる素材についてを全部机の上に揃えてくれている本なのです。精神世界を彩る宗教、思想・学問、占術、自己啓発、技法、場所、図形・形状、文字・書物、人種・文化圏、伝説・神話、オカルト、心理学、心理療法、代替療法、身体アクセス、エネルギー、社会の動き、人物などあらゆる角度から網羅しています。​

タットワについてはP204に記載。『ひとつの図形を描いた紙を壁に貼り、毎日見つめてみよう。それによって心理・感情が喚起される。そこからやがては知識が発生する。形は知性であり、色は感情。その形は日常生活の中でのさまざまな印象、記憶に照合されて、関連するものを集めてくるので、半年1年くらい続ければ、結果的にその図形にまつわることに関しては非常に詳しくなる』と言及しています。

51QKvwkO99L._SX320_BO1,204,203,200_.jpg

これはタットワと直接は関係がないのですが、どうしても紹介しておきたい!

私が作っているタットワカードセットは、結局エーテル体を拡大させることを目的としているカードなのですが、このエーテル体を拡大するためのあらゆる方法がこの本に書かれています。そして、エーテル体の拡大が霊性を高めることと直結していること、霊的な成長のプロセスにおいて肉体はとても重要だというのを説いてくれています。タオというのは、身体と心と霊性を培うことであり、宗教ではありません。タオの思想は宗教や科学の分野を全て網羅していますが、タオはさらに宇宙の真理についても説き、人間が宇宙的な視座で霊的に自立する方法を示してくれているので、ほんとうにおもしろい。

だからタットワカードに興味のある人はこの本も読んでみるといいです。この本の『気』というのを『エーテル体』と置き換えて読むと、神智学や神秘学に親しんできた方はすぐに点と点が繋がり、脳のシナプスがもりもり拡がります。絶対読んでほしい!

シュタイナー思想とヌーソロジーbook.jpg

私が2021年8月から毎日勉強しているのがこのヌーソロジー。この本はヌーソロジーとシュタイナー思想が同時に分かりとってもお得な本です。エーテル体がなんなのか、エーテル界とは何なのか分かります。つまり私が追求していたのがエーテル界であり、イコール4次元空間だということを知ることができました。ヌーソロジーを学ぶと、この宇宙の構造が理解できるようになります。見えなかったものの世界に足を踏み入れることができ、自分の中に別の自分が生まれ、それが不思議にとても心地いいのです。

日本から生まれた最先鋭の空間論であるヌーソロジーは、4次元空間の在り方を現代物理学を駆使すると共に、地球上に残る思想や哲学をも包括して具体的に思考していく思考体形、現代物理学を使って精神と物質の空間構造を解き明かす新しいイデア論だと私は思っています(もっといい説明の仕方があるかも~。うまく言えない)。初めてYoutubeでこの本の発売記念レクチャー​『シュタイナー思想とヌーソロジー』を見た日の衝撃は忘れられません。これまで頭の中に知識のかけらとしてあった、量子力学、シュタイナーやグルジェフ、イデア論、グノーシス思想、哲学、宗教、古代文明、天体、…それらの点と点が有機的に爆発的に繋がり出したのです。みんなも見てみてー!

といえども私の知識フェーズでは見えてくるものもまだまだ限られているため、どうしても勉強しまくりたくなってしまい、ヌースの勉強が毎朝のルーティンとなっている今日この頃です(*_*)

 

お問合せ、コンタクト

コンタクトフォーム

お問合せやご要望があれば何でもどうぞ!

コンタクトの種類

​※送信が完了すると入力したメールアドレスに送信完了のお知らせが届きますので、ご確認ください。

送信ありがとうございました